彼は殆ど本能的に

「自分は自分が思っている程、自分ではないこと」

を知っていた。それから

「头は间违うことがあっても、血は间违わないものであること。仮令(たとえ)一见して间违ったように见えても、结局は、それが真の自己にとって最も忠実且つ贤明なコースをとらせているのであること。」……

评论

©  | Powered by LOFTER